布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何?

【布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何?】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が妊婦向けに配る布マスクに不良品が見つかった問題で、厚生労働省は16日までに、約8億円かかるとしていた妊婦向け布マスクの検品費用は800万円未満だったと説明を修正した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000061-kyodonews-soci

どうやら政府が布マスクの検品に使う費用の修正を発表して、その修正の大きさが話題になっているみたいですね・・・

そこで今回は、

「布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何?」についてみていきます。

布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何?

ここでは布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由についてみていきます。

どうやら、政府が費用を多めに発表して、その余分な費用をネコババしようとしていたんじゃないかという疑いがあるみたいです。

布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何? 世間の声

返品したら0円です。

なぜ発注した側がお金をかけて検品するのか分からない。発注側が検品するなら費用は受注側が持ってあたり前。

なぜ血税で検品をしなきゃいけないのか説明してほしい。

====================

呆れて 物がいえません。
紙に書いてある数字は、お金ですよ。
税金なんです。
国民が必死で働き 納めた血税なんです。

1人が確認したわけじゃ無いですよね、何人もが書類を確認した結果で発表したんですよね。

それで、こんなに桁違いの数字ですか?

どちらにせよ、不良品がでたら受注元送り返す。
それが普通です。
検品して、きちんとした商品を納める。
それが納める側の仕事です。

だから、検品費用は、1円たりとも税金から出すのはおかしいですよ。

====================

不良品の再検査は業者が行うべきで
発注者が金を出すものではない。
たとえ10円でもだ。
PL法だっけ?
商売ってそういうものでしょ。
商品やサービスの価値に対して対価を支払うのって経済の基本じゃないの。
政府ってそういうこと知らずに経済を論じてるわけ。

====================

8億円と聞いた時もビックリしました。それを今度は800万円未満とは、金額が違い過ぎて更にビックリです。税金投入な訳なので、キッチリはっきりしてもらわないと納得ができませんし、適当な回答をしているようでは、他のことに関しても信憑性が無いと思えてきます。これが税金ではなく、自分のお金ならこんなことにはならないし、また、これは業者が負担すべき金額であって税金を使うのはおかしいです。更に8億円のあとの800万円は、とるに足らないような金額に思えるような錯覚におちいりますが、800万円稼ごうと思うとどれだけ大変か、国会議員の方には、ピンとこない金額でしょうかね。税金の無駄つかいはやめて下さい。

====================

布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何? まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「布マスク検品費用がザル勘定(計算)な理由は?政府の狙いは何?」について記事を書きました。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました