安倍内閣の支持率が27%!解散するのか!

【安倍内閣の支持率が27%!解散するのか!】

毎日新聞と社会調査研究センターは23日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は27%で、今月6日に行った前回調査の40%から急落した。不支持率は64%(前回45%)に跳ね上がった。社会調査研究センターとの共同調査は3回目で、最初の4月8日に44%あった支持率が1カ月半で17ポイント落ち込んだ。調査方法が異なるため単純に比較できないが、毎日新聞が従来行っていた電話世論調査では森友・加計問題で政権批判が高まった2017年7月に26%まで下落したことがある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00000045-mai-pol

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00000045-mai-pol

安倍晋三内閣の支持率が27%まで急落したようです。

現在問題になっている、検察庁法改正案の内閣の対応が影響しています。

安倍晋三内閣はこのまま解散するのでしょうか?

検察庁法改正案と内閣支持率27%で解散の可能性について見ていきたいと思います。

 

安倍内閣の支持率が27%!

『安倍内閣の支持率が27%!』

安倍内閣の支持率は27%まで下落しました。

前回の調査から13%もの下落になります。

不支持率も64%で世間の大半は安倍内閣に不信を抱いているようですね。

安倍首相と関係が深い黒川検事長の定年を半年延長し、さらに検察官の定年延長にかんする法律を改正しようとしていることが内閣支持率の低迷に影響を与えています。

改正案の内容や、黒川検事長の定年延長の理由に納得していない人が多いようです。

安倍内閣は解散するのか?

『安倍内閣は解散するのか?』

2012年から続く安倍内閣は解散するのでしょうか?

可能性についてみていきます。

安倍内閣の支持率が下がったことは過去にもあります。

森友・加計問題の際には26%まで低迷したこともありました。

今回は27%まで低迷、今後問題がかなり大きくなっていくき安倍内閣の対応次第では解散の可能性は十分にあると考えられます。

安倍内閣の支持率が27%!解散するのか! の世間の声

====================

・これでものらりくらりと追及をかわしてるだけで支持率は上がっていくんだろうなぁ
モリカケ問題の時からずっとそうだ。問題解決したわけじゃないのに国民は忘れてまた支持しちゃう
馬鹿なのは政府じゃなくて国民だと思う

====================

・安倍総理は責任のとり方を知らないふりしている
責任が感じていても責任を取るは辞書にない
この非常事態が一時的に収まりつつある今、責任を取って辞任させないと、またこの無責任男が日本を混乱させる
自民党の心ある人間はいないのか
挙国一致選挙管理内閣を組織し、新たな人材が日本をリードしないと急速にこの国は崩壊に向かうだろう

====================

・トップの責任の取り方には色々と手法があるだろうが、出来もしない事を継続しても良い方向には向かないので時間と税金の無駄。
今の内閣の責任の取り方は一つしかなく
民意を問うしかない。

====================

・支持する人に何故支持するのかゆっくりと聞いてみたい、本当に。
今までもとんでもない総理は沢山いたのだろうけどここまで酷いのはいないだろう。

====================

・まだ、27%も支持してる輩がいるの?驚きですね。安倍首相はうれしいでしょうが、そろそろ年貢の納め時のようですね。史上最低最悪の総理大臣の本領発揮ですね。おめでとうございます。今後も虚偽・隠蔽・改ざんをして国民の命・生活を無視し続け、私利私欲に走れば記録更新をすることでしょう。

====================

・この政権に関しては支持率27%でも「まだそんなにあるんだ…」と思ってしまう。
身近な範囲だけの話だけど私の知人らは、疑念に次ぐ疑念に日々うんざりしている上に未だにマスク2枚や給付金すら届かないコロナの杜撰な対応に呆れている。
自営業の知人は「このままでは政府に見殺しにされる」とまで憤っている。
そんななか今回の黒川さんの不祥事、そしてそれに対する甘甘な処分。国民感情が離れて当然でしょうね。
ここから挽回される案が安倍さんにおありなのでしょうかね?

====================

安倍内閣の支持率が27%!解散するのか! まとめ

いかがだったでしょうか!

今回は『安倍内閣の支持率が27%!解散するのか!』について記事を書きました。

長年続いた安倍内閣が解散する日は近いかもしれませんね。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました