【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)の技を紹介!

鬼滅の刃

こんにちは、ライターのリックです。

今回の内容はこちら!

本記事の内容
  • 獪岳 (かいがく)の技(血鬼術、呼吸)

鬼滅の刃の獪岳(かいがく)の技について気になった方はいませんか?

今回の記事はそんな疑問を解決できる内容になっています。

鬼滅の刃 獪岳 (かいがく)の技

獪岳(かいがく)の使用する日輪刀は支子色(くちなしいろ)の刀身でその刀身には黒い雷状の紋様が描かれています。

使用する呼吸は、雷の呼吸。

同じ雷の呼吸の使い手の吾妻善逸とは兄弟弟子の関係になり、獪岳(かいがく)のほうが兄弟子にあたります。

雷の呼吸の壱の型の霹靂一閃しか使用することのできない善逸とは逆に壱の型を使用することができず、それ以外の弐の型~陸の型を使用することができます。

獪岳 (かいがく)雷の呼吸弐の型 稲魂(いなだま)

雷の呼吸弐の型の稲魂は一息で瞬きの間に五連撃を浴びせます。

連撃の瞬間には、稲妻のような黒い斬撃がとびます。

恐らく複数相手の技ではなく単体相手の近距離向けの技のように見えます。

獪岳 (かいがく)雷の呼吸参の型 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)

雷の呼吸参の型の聚蚊成雷は回転しながら動き周りあらゆる方向から切りつける波状攻撃です。

攻撃中にはあらゆる方向に飛ぶ黒い斬撃が描かれています。

聚蚊成雷とは、「小さな蚊の羽音も、大群になれば雷のようなおとになる」という意味の四字熟語で、その名から想像すると一撃の威力は小さいかもしれませんが、その一撃を大量に浴びせることで大ダメージを与える技になってると思います。

獪岳 (かいがく)雷の呼吸 肆ノ型  遠雷(えんらい)

雷の呼吸 肆ノ型 の遠雷は壱の型の霹靂一閃のように正面に向けて突進し斬撃を浴びせる技ですが、霹靂一閃とは違い技の始点から放射状に稲妻が放出されています。

遠雷は遠くで鳴る雷という意味でその名から中遠距離向けの技だと伺えますが善逸との戦いで使用した際は畳1畳くらいの距離で使っていました。

獪岳 (かいがく)雷の呼吸伍の型 熱界雷(ねっかいらい)

雷の呼吸伍の型の熱界雷は下から上えと刀を振り上げ敵を真上に吹き飛ばす技です。

熱界雷とは、熱気や寒冷前線によっておこる上昇気流により発生する落雷のことを指します。

刀から熱界雷のような大きなパワーをだす技だと思います。

獪岳 (かいがく)雷の呼吸陸の型 電轟雷轟(でんごうらいごう)

雷の呼吸陸の型の電轟雷轟はあらゆる方向を縦横無尽に斬撃と雷撃が飛び交う技です。

四方八方から敵に斬撃をあびせ逃げ場のない斬撃を浴びせダメージを与えます。

獪岳 (かいがく)血鬼術

日輪刀を用いた攻撃で敵に傷を負わせると、その傷がひび割れていき皮膚を徐々に崩壊させていきます。

鬼滅の刃 獪岳 (かいがく)の技を紹介してのまとめ!

いかがだったでしょうか?

今回は鬼滅の刃獪岳(かいがく)の技についての記事を書いてみました。

どの技も技名それぞれに意味がありとても魅力的でかっこいい技だと思いました。

それではまた別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました