コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?正確?

【コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?正確?】

アメリカのFDA=食品医薬品局は新型コロナウイルスに感染しているかどうかを短時間で判定できる「抗原検査」を初めて認可したと発表した

yahoo!

アメリカのFDAが抗原検査を認可しました。

では抗原検査と抗体検査の違いがなになんでしょう?

また抗原検査の精度や性格性はどうなんでしょうか?

そこで今回は、

「コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?正確?」についてみていきます。

コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?

「コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?」

アメリカFDAで認可された抗原検査。

ではコロナの抗原検査とはいったいなになんでしょう?

コロナの抗原検査とこ抗体検査の違いはなになんでしょうか?

抗原検査と抗体検査の違いは...

抗原検査は簡易検査の一種でウイルス特有のたんぱく質(抗原)を検出する検査方法です。鼻の奥の粘液などを綿棒で採取して検査します。

抗体検査はウイルスに感染すると、体内から追い出そうと回復に向けた防御システムが働き免疫反応がで、この働きの過程で一定期間後に体内に作られる抗体を測定し検査します。

これが抗原検査と抗体検査の違いです。

コロナ抗原検査の精度は?正確?

「コロナ抗原検査の精度?正確」

抗原検査と抗体検査の違いはなにかみていきました。

では抗原検査の精度や正確さはどれくらいなんでしょうか?

抗原検査の精度・正確…

抗原検査は15分ほどで検査できますが、精度・正確性にはかけます。

誤った結果がでてしまうこともあるようです。

 コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「コロナ抗体検査と抗原検査の違いはなに?精度は?」について記事を書きました。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました