【ダイヤのA act2】創聖高校のモデルは?主力選手は?創聖高校を徹底分析!

創聖高校 アイキャッチ ダイヤのA act2

こんにちは、ライターのペペです。

今回の内容はこちら

本記事の内容
  • ダイヤのAに登場した創聖高校とは?
  • 創聖高校のモデルとなった高校は?
  • 創聖高校の主力選手を紹介!東京選抜の実力者も!?

ダイヤのAact2になって新たに登場した高校の1つである「創聖高校」が今、現在夏の準々決勝にて青道と対戦しています。

西東京ベスト8まで勝ち上がってきた新たな実力校の「創聖高校」について今回は記事を書いていきたいと思います!

モデルとなった高校はどこなのか?またどんな選手が揃っているのか?

それではみていきましょう!

ダイヤのAact2 創聖高校のモデルは?

ダイヤのAに登場する高校は、現実でも存在する甲子園名門校や関東の高校をモデルとして作られたものが多いです。

その例がこちらです。

ダイヤのA 主なモデル高校
  • 青道高校 → 埼玉栄高校
  • 稲城実業 → 早稲田実業
  • 市大三高 → 日大三高
  • 薬師高校 → 常葉菊川           など

このようにダイヤのAでは、ユニフォームのデザインや高校名、青道の場合は施設などをモデルとしています。

今回は創聖高校のモデルとなった高校を調査してきました。

創聖高校のモデルは東京の創価高校?

調べてみた結果、名前が一番近いものとして創価高校ではないかとなりました。

創価高校は、東京都にある高校で偏差値が高く有名です。

野球においては東京都だと強い印象があります。

プロ野球選手も排出しており、創価大学とのつながりもある点で野球でも有名な高校となっています。

今回、創聖高校のモデルが創価高校であるのは名前だけではありません。

もう1つのポイントとしましては、ユニフォームが似ていることです!

「文字の大きさ」までは似ていませんが、字体はダイヤのAの創聖が似せていることが分かります!

特に創の字がとても似ているように見えます。

以上のことから創聖高校のモデルは創価高校となっていることが分かります!

ダイヤのAact2 創聖高校の登場人物

創聖高校監督 小泉洋二郎

ダイヤのAact2の203話にて登場した創聖高校の監督です。

俳優の大泉洋がモデル…?

降谷との対戦を想定して作戦があるようですが、果たしてどのように青道に立ち向かうのか。

この監督の策略にもこの先目が離せません。

創聖高校エース 柳楽宗一

こちらもダイヤのAact2の203話で明らかとなった創生高校のエース柳楽です。

この投手は前の試合で光和高校との対戦でも登板していました。

柳楽の武器は、創聖高校代々引き継がれているツーシームをオリジナルに改良した球です。

落差が大きく、唯一無二の変化球なので初見では攻略できないレベルと言われています。

この先青道との対戦で明らかとなる柳楽のツーシーム。

ぜひ注目してみてください!

創聖高校4番 奈良晃司

こちらは創聖高校の4番セカンド 奈良晃司です。

彼の初登場は東京選抜の時で御幸と一緒にプレーをしていました。

創聖高校の攻守ともに要であるこの選手は東京選抜に選出され、なんとセカンドでスタメンで出場するレベルの選手です。

2020年のダイヤのAact2にて初登場した選手ではありますが、実力は西東京のトップレベル。

今後青道との対戦で要チェックです!

※奈良についての詳しい情報や能力についてはこちらから

おまけ 創聖高校の打順

創聖高校と青道高校の試合が始まろうとしていた204話で創聖高校のスタメンが分かりました

それがこちらです。

1番 サード 菊永
2番 レフト 五島
3番 ファースト 七月
4番 セカンド 奈良
5番 ピッチャー 柳楽
6番 ショート 中沢
7番 センター 神田
8番 キャッチャー 後藤
9番 ライト 星

4番の奈良は打線の要ということわかりますが、ピッチャーの柳楽も5番と中軸を担っています。

創聖高校はこの2人が攻守においてキーマンであることが打順からも伺えます。

ダイヤのA act2 創聖高校まとめ!

いかがだったでしょうか!

今回はダイヤのAact2にて初登場した「創聖高校」について記事を書きました!

現在青道と対戦中の創聖高校、モデル高校や主力選手を把握してぜひ、この先のダイヤのAact2の展開を楽しんでみてください!

それではまた別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました