【最新話】アグラビティボーイズ第2話ネタバレと感想 

こんにちは、ライターのぺぺです。

今回の内容はこちら

  • 第2話ネタバレ、解説
  • 読んでみての感想と次回話について
  • アグラビティボーイズなどジャンプ作品を無料で読む方法

1話をお忘れの方はこちらから

それでは見ていきましょう!

第2話ネタバレ

新たな問題点

前話では謎の”存在””に振り回され、混乱した末、

転生の薬を放棄した4人。

これからは、4人で何とか生存していくことに。

そんな落ち着いた中、ゲラルトがある記録を見つけた。

それは、同時期にこの惑星の調査をおこなった他国の船の記録だった。

この情報により、他に人類が生き延びている可能性が残ったが、

問題は連絡手段がないことだ。

それと、普通の宇宙船だと到達までに20年かかってしまうことも問題点だ。

(4人はブラックホールによるワープで3日で到達)

新たな壁にぶつかってしまったなか、再び飛行船が光った。

そう、1話の時と同じ下りで謎の”存在”が現れたのだ。

2日連続の出現であきれた一同に対して謎の”存在”は2択を迫ってきた

究極の選択?

唐突に2択を迫ってきた謎の”存在”

適当に流すようにだが、一応内容を聞くことにした4人。

その2択とは、

超高速通信機という彼らが今欲しがっているものか、

惑星アレスタにあるスペースメイドセンターの

17歳少女のパフィンかの2択だった。

このメイドについては、維持費などについては全額負担してもらうことができ、また顔の好みも合わせてくれたそうだ。

10分以内に決断を迫られ、謎の存在はそのまま消えてしまった。

モニターにはかわいいパフィンの様子が映されている。

今クリス以外の3人はパフィンのことで頭がいっぱいだ。

しかし、決断にはすぐには至らず意外にも超高速通信機についても可能性を考えている。

通信機があれば、パフィンのようなかわいいい異星人とも連絡がつくかもしれないと。

迷っていたそんな時、モニターに映っていたパフィンのある様子に気づいてしまった。

決断の決め手

10分が経ち、4人がした決断は・・・パフィンだった。

その返事に対して興味深そうに謎の”存在”はパフィンを送り込んだ。

彼らがパフィンを選択した決断は、モニターに映るパフィンの姿が決め手だった。

あの時、パフィンは何かを見て泣いていたのだ

しかし何を見て泣いているかはモニターには映らず一同は戸惑っていた。

そこでパフィンの瞳を解析すると、家族で笑いあう写真を見ていることが分かった。

この解析を残り1分で行い、泣いている原因を解決するためにという思いが決め手となった。

そして、4人は家族のもとに返すよう謎の”存在”に頼んだのだ。

パフィンはこの決断に対し笑顔を残して家族のもとへ帰っていった。

この決断に対して謎の”存在”は一同に尋ねた。

今必要としている通信機よりも、不確実な少女を選んだのかと。

それに対して一同は、

誰だって家に帰りたいだろうからと返した。

そう聞いた謎の”存在”はサービスとして、ある本と超高速通信機を置いて行った。

感想

まさかまた謎の”存在”が出てくるとは思いませんでしたね(笑)

これからも振り回されていく展開が想像できます

次回も急速なギャグ展開に期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました